低用量ピル『ダイアン35』効果内容副作用紹介

diane35-300x293

ダイアン35は小柄な日本人向けにつくられた避妊用低用量ピルです。

主な有効成分は黄体ホルモンである酢酸シプロテロンと卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールです。

これら成分によって子宮内膜を受精卵が着床しにくい状態にしたり排卵を抑えたり、子宮頸管粘液を精子が通りにくいようにし精子が卵子に到達しないようにします。

そしてダイアン35の特徴とも言える酢酸シプロテロンは男性の精子からつくられるアンドロゲンという男性ホルモンを抑制します。これらの作用により受精および妊娠を防止します。

このような避妊作用の他、ダイアン35の男性ホルモンの抑制作用を利用して、あご周りなどにできる男性ホルモンが原因のニキビの治療薬としての効果もあります。

使用方法

lgi01a201410180000

使用方法は生理初日から1日1錠を毎日同じ時間に21日間飲み続けた後7日間は服用を休止します。

この間に生理がきます。

ここまでを生理1周期とし29日目から次の周期の服用を始めます。

最初の1周期目の服用が終えるまでは生理周期が整わないので他の避妊方法を併用してください。


副作用

副作用としてはホルモン環境の変化により不正出血や吐き気、乳房の張りなどが起こる場合があります。

また、ピルは血を固まりやすくする作用があるので高血圧や心臓病などの持病を持つ方、喫煙者や40歳以上の方は医師に相談し指示に従ってください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ